2018/03/11

「【pietro 同人】スマホに夢中のママはエッチOKでした。」は 、熟女母親少年ほのぼの日常・生活パイズリ中出し近親相姦巨乳人妻の同人エロ漫画が好きな方にお勧めの作品です。ママのことがちょっぴり好きな少年が
エッチに興味を持ち質問を繰り返してるうちに
最後までヤってしまうお話です。


■あらすじ
夕方に入ろうかという昼―。

ありふれた一軒家のなかに
少しだけ色っぽい対話が聞こえる。

『ママもチュウチュウするの?』


母へ疑問を投げかける少年は
緊張の様子だった。

男と女がセックスすることをチュウチュウと
分かってのことだ、その認識が緊張を生んでいる。


しかし母親は無視。
なんの返答もない。
スマホに夢中である。


『ケイタもやりたいの?』

それは5回も同じ質問を繰り返して
やっとの返事であった。


少年の緊張も解けた矢先の
突然の言葉だった。
体が固まってしまった。

その言葉の意味は言うまでもなく理解しており
どう返事すべきか考え、悩み、
少年は顔を赤らめながら好奇心が勝つ言葉を
発するのである。


『…う…うん』


無返答の時間が永遠のように感じたが、


『アンタも年頃だもんね見てみる?
『オ○ンコ』

『…え…ちょっとママ…!!』

『舐めてもいいのよ』


と、ド直球の展開へ発展する。

スマホに片手にスカートをめくり、
パンツをめくり、
その状況で披露するはずのない場違いな
オ○ンコを露わにさせたのである。

しかしスマホに夢中の母は
しっかりと少年の思いを察しているのである。
子の勇気を試す‘本試合’を提供したのである。


『…ママ』


少年はじりじりと
エサを狙うライオンのように股に顔を近づけ
真剣なまなざしと好奇心の興奮が織り交ざったような、
そのツラはまさに発情したオスそのものだ。

少年は母のマ〇コへしゃぶりついた、


やがてフ〇ラパ〇ズリ、
膣内挿入へと
スマホ片手に少年のチ〇ポを誘導し
最後には少年の熱い精液を
そのマ〇コで受け止める―。




基本25p、差分総数50p、PDF同梱、
となります。よろしくお願いします。

関連する記事
人気の同人
同人タグ一覧


ページトップ